夏でも冬でもエアコンをつけると避けて通れないのが部屋の乾燥です。
お肌にとってはシミやしわの原因にもなります。
冷房をかけっぱなしで寝て、夏でも喉が痛くなることもあります。
夏風邪は長引くとも言いますから、できることなら引きたくないものです。

そこでおすすめするのが、洗濯物の部屋干しです。
部屋干しというと、生乾きで臭くなるイメージがあるかもしれませんが、酸素系の漂白剤と一緒に洗濯すれば大丈夫です。
あるいは、最初から除菌できるタイプの洗剤もあります。
加湿器はこまめな水タンクの給水と掃除をしなくてはならないので、手間が面倒という人もいるでしょう。
お手入れを怠ると返ってカビがはびこって不健康にもなりかねません。
また、加湿器をつかわなければ手間がかからない上、電気の節約にもなります。
とてもシンプルで、洗濯物の水分が蒸発して、部屋の湿度が上がります。

それに部屋干ししていれば、外出中に急に雨が降り出しても気にせずにいられます。
最近はとくに天気が変わりやすく、もし天気予報が外れたとしても心配いりません。
働くママが仕事から帰宅しても洗濯物を取り込む手間も省けます。
たとえ一手間でも減らしたい、忙しい人の時短にも貢献です。
洗濯物は加湿器の代わりになりますね。