お湯を沸かして加湿

| 未分類 |

冬はどうしてもエアコンの風などで乾燥しやすくなってしまう季節でもあります。
加湿器を利用して乾燥を防ぐという方法を行っている人も多いのですが、置き場所によってはエアコンの風に負けてしまい、全く効果がなくなってしまうという場合も多いのです。
そこでおすすめの方法は、お湯を沸かすことで加湿をするという方法です。
お湯を沸かすと、水分が蒸発しますので、その水分で部屋を加湿することができるのです。
加湿器を使用するよりも、お湯を沸かした方が、一気に部屋の湿度を上げるということができますので、光熱費の節約にもなるのです。
お湯をポットで沸かした場合、蓋を開けておいておくことによって、加湿機を使用した時よりも部屋がかなりしっとりするということがあるのです。
こういった方法で加湿をすることによって、ずっと加湿器を稼働させておくよりも、光熱費を節約することができますし、お湯が冷めてしまって、湯気が出なくなってしまったら、また沸かし直すということもできるのです。
しかもコンロを使用することによって、部屋を温かくする事もできますので、エアコンを強くする必要がないということもあるのです。
こういった方法で加湿することによって、光熱費も安く済みますし、部屋がしっとりとするという大きなメリットがあるのです。