空気が乾燥してきたけれど、家には特に加湿器がないということもあるでしょう。1台はあるけれど、これでは家中を加湿できないということもあるかもしれません。簡単にできる良い方法があるので、それを試してみませんか。

おうちで簡単に手作りできる方法はいくつか考えられますが、最も簡単なのは、バスタオルです。バスタオルを濡らします。それを部屋に干すだけで終わりです。たったこれだけですが、加湿効果は十分あります。家にバスタオルが何枚もありませんか。余っているバスタオルを使ってやってみてください。

また、ペーパータオルやコーヒーフィルターなどを使って自由な形の加湿器を作ることもできます。これらは、1枚は小さいのですが、重ねて使えますし、形を変えられるので好きな形に切り取ってしまいましょう。そして、コップに水を入れてそこに入れるだけで完成です。バスタオルを干す場所がない場所でもこれなら使えるのではないでしょうか。

このようにちょっと工夫するだけでオリジナル加湿器ができてしまいます。他にも家にある紙製品や布製品を使ってみてください。乾いてきたら、水を張ったり、バスタオルなら濡らすだけで繰り返し使えるのでとても便利です。